読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほめ殺しは誰の陰謀であろうか、いや陰謀であるわけがない。

Kourick SuBlogのKourickさんにコメントをいただいた。素直に喜んでいる。きっとプレッシャで更新できなくしてやろうという陰謀なのだろうと思う。 レッツ・ネガティブ。 もしかしたら、それを口実に更新をサボっても良いよ。という親心か。 むう。人の心は読めないものだ。


それはともかく、Kourickさんのコメント。

懸念があるとすると的を得すぎていて個人ニュースサイトを実際にやっている人(やったことがあるでは少し弱い)には強烈に伝わるのだけれど、それ以外の閲覧者に理解できるのかどうか怪しいうところでしょうか(笑)。

そういうものかもしれないし、そうではないかもしれない。 読み手を選ぶことはできないからこそ、誰もが読むことを想定して文章を書いていない。 自分が思うことをただ単純に書き下している。
万人向けの文章とは厳格な定義に基づいた真実を描写するもの以外に存在しないと考えているためだ。 つまり、趣向が挟まる余地がない文章ということ。
私の主観を通じてなんらかの意見が誘発されればそれ以上にない幸せである。


コメントの中にサイト論界という言葉が出てくるのだが、それがどのようなものかもよく知らない。 私は素人だ。 しかし、それがどのような領域なのか肌で感じることはできる。 それと同様に、ここの文章も風を感じ、雰囲気を捉えてもらえれば良い。


ところで、Kourickさんは気付いていらっしゃるのでしょうか(笑)?