読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイトの個性っ て云われてもな。

Web

サイトのアクセス数を増やすなら自分の個性を打ち出さないとね。
・・・さて、個性ってのは何だっけ?


俺は頭は格別良くないし、足だって速くない。すげーヲタって訳でもないし、興味あることはほかのサイトでもやってるしなー。 今更サイト始めたからってアクセスどかーんとかなるわきゃねえよ。 第一文才がない。
サイト論とかってのをいくつか読んだけどアクセスアップのノウハウなんてのがある訳じゃなさそう。みんな最後には「個性」ってところに落ち着くんだ。 そこに逃げ込んだらいいって思ってんじゃないの?

大手って呼ばれてるようなサイトに聞いてみたい。
「アナタノサイト、コセイハナンデスカ」
わかってるのかな? みんな自分の個性。 なんか評論家が昔の小説とか音楽に後付で理屈こねてるみたいに見えるんだよな。 ほんとに個性なんて考えてんのかよ。


そもそも、毎日日記をwebでつけんのがメンドウだから流行ってるニュースサイトってのを始めてみようと思ったんだ。 テンプレみたいのがあるから楽ちんだしね。 要するにwebを見てて気になったニュースを並べたら良いんでしょ。感想をちょっとつけてさ。
それが、欲出してアクセス数って云いだしたら「個性」ときやがった。 それじゃ本末転倒だ。


人の個性ってなんだ。
俺は俺、おまえはおまえってことか。 区別がつくのは個性があるからだよな。たぶん。 じゃあ、俺のこと知ってるやつが俺のサイト読んだら俺が書いてるってバレるのが個性か? ちと違うか。

んー。 人の個性って難しいな。
パーツは平凡なんだよな。みんな。 その組み合わせというか、実体験とかどんな本を読んできたかとか音楽を聴いてきたかとか、そんな「過去」が違う。 それが個性かな?
今の自分が立ってる場所が個性。どうだ?

なんかサイトの個性からますます遠のいた気がする。そんなの反映しようがないよ。 反映って云うか自分の分身をwebに置くしかないじゃん。それじゃあさ。 本音で勝負? それもどうかなあ。 アクセス欲しいから共感してもらわないといけないしな。


ほんとに気になるネタにだったら、共感してもらえるようなコメントを本音でつけられるかな。 興味あるジャンルだし。
自分の個性はどんなのかよくわからないけど、やってるうちに解ってくるだろ。一番楽なところに落ち着いたらそれが自分の個性がでてるサイトってことなんじゃねえかな。積極的に反映するんじゃなくてにじみ出てくる個性を自分でも観測するってのはおもしろいかもしれないな。


人ってのは多角的な存在で、一面一面が性質ってパーツでできてるようなイメージ。
その面には過去が反映されてて、人を見るときにはその立体が投影された陰をみてるってかんじかな? 光が当たる方向によっていろんな形に見えるけど、単純なパーツがたくさん集まってその形をつくってる。 だから、パーツは平凡でも形が人それぞれでおもしろいんだな。


サイトも取り上げるネタが面を、コメントが過去を反映する。 だから楽なところに落ち着いていくことで自分って云う多面体のコピーみたいなのになっていくんじゃない?
一番大切なのは、楽なことを好きなようにってスタンス。 テンプレがあるなら使えばいいし、なれてきて気に入らないところがあったらやりやすいように修正していけばいい。最終的に自分が毎日読みたいなと思うサイトが作れたら最高でしょ。


最初は自覚できる個性なんてなくていいんじゃないかな?
後付けでカッコつけたら良いんだから。